レディー

小じわに効く化粧品を最大的に活用|老け顔を若々しく変身させよう

着目点は合成界面活性剤

ウーマン

綺麗な女性は、直接肌にのせるコスメ選びも慎重に行なっています。カバー力の高いファンデーションなどには合成界面活性剤などがたくさん含まれているので、長時間のせたままにしていると色素沈着にも繋がりやすくなるでしょう。合成界面活性剤の中でも、特に石油系合成界面活性剤が肌に悪いとされています。石油系合成界面活性剤が肌に与える肌トラブルとして、最も恐ろしいのは肌のバリア機能を低下させることにあります。肌はもともとバリア機能をもっていて、乾燥肌にならないよう絶えず機能していますが、毎日頻繁に合成界面活性剤を用いるようになるとそれが低下して肌のキメも崩れやすくなります。
合成界面活性剤が含まれていない無添加化粧品は、そんな肌トラブルを予防したいという女性から人気になっているもので、今やコスメコーナーには欠かせないものになっているでしょう。無添加化粧品には合成界面活性剤の他に、防腐剤や殺菌剤も含まれていないことで知られています。化粧品も時間が経過するごとに品質が低下していくので、本来の働きを求めるなら早めに使い切ることですが、防腐剤が大量に含まれていることで長期的に使用できるでしょう。それは嬉しいことですが、防腐剤が含まれていることによって肌に与えるダメージは大きくなってしまいます。化粧品の防腐剤として最も適用されているものには「フェノキシエタノール」があり、化粧品の原料を見ると一目瞭然です。無添加化粧品ならそんな心配はありませんが、無添加化粧品には防腐剤が含まれていない分、長期的に品質を保てないのがネックです。ミニボトルで購入して定期的に買い替えた方が肌にも安心です。